種類豊富で使いやすい人気紙袋をランキングにしてみました

第1位 ヤマゲン

  • 紙袋などをフルオーダーで製作することができます

  • 紙袋が急ぎで必要なときも、まずは相談することができます

  • 紙袋の見本を無料で届けていただくことができます

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

ヤマゲンに対するみんなの口コミ

想像していたよりもいい紙袋の出来に満足しています。また予算内にもおさまりました。迅速で丁寧な対応でした。わからないことに...
少量にも関わらず紙袋をつくっていただけて助かりました。イメージ通りにきれいにプリントされたものを作ることができ、しっかり...
ヤマゲンではもう何度も紙袋の製作でお世話になっています。いつも安心できる対応で、任せきることができます。予算内でクオリテ...

販売実績が500万点以上ある老舗の業者

ヤマゲンは紙袋をはじめ、袋類や包装紙などを製作している業者です。創業61年、依頼者からの数々の要望に対応されてきました。

第2位 紙袋.net

  • シンプルなものから凝ったものまで、紙袋ならこちらです

  • 5,000円以上まとめて注文すると送料無料になります

  • いつでもWeb上で簡単に注文などをすることができます

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

紙袋.netに対するみんなの口コミ

個人でネット通販や、オークションや売買のできるアプリなどに出品しています。こちらはまとめて安く紙袋を購入でき、注文も簡単...
印刷など大層なものはいらないからとにかく紙袋を安くつくりたいと思ったときに、こちらのサイトに出合いました。丈夫でシンプル...
紙袋.netさんのような、こういう紙袋のサービスを探していました。アンティークの紙袋が、うちの店のイメージにピッタリで大...

パッケージ全般を取り扱っています

紙袋.netを運営している株式会社清和は、化粧箱、ラッピング用品、透明袋など、パッケージに関するさまざまな通販サイトを運営されています。

第3位 紙袋工房

  • こちらではオリジナル性の高い紙袋を作成できます

  • 急ぎで必要なときも、激安で探しているときも便利です

  • 専用フォームで見積もりを簡単にすることができます

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

紙袋工房に対するみんなの口コミ

紙袋をつくるにあたり、条件がピッタリ合ったのでこちらで注文を決めました。すべてオリジナルででき、納期を早くできたのでとて...
安く大量に紙袋を注文できるところを探していました。ただ、こだわりがあり、どうしても国内生産が良かったのですが、キャンペー...
紙袋工房さんで、いつもオリジナル紙袋をオーダーしています。通販でできるだけでも便利なのに、仕上がりのイメージを確認できる...

紙袋の取引実績は2万社以上あります

紙袋工房を運営している株式会社エーリンクサービスは、紙袋の取引実績が多いです。また、紙袋以外のバッグの通販サービスを展開されています。

第4位 紙袋販売net

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

印刷関係の事業を専門的に行っています

紙袋販売netを運営している株式会社クリエイトは、印刷の専門会社です。また、ブライダル用や同人用などの紙袋のサービスも行っています。

第5位 レレカ

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

販売促進のお手伝いをしていただけます

レレカでは、販売促進のためのグッズを販売、企画・制作しています。紙袋の他に、ポリ袋やエコバッグ、クリアファイルなどのサービスも展開されています。

紙袋バッグの作り方について

黒い紙袋最近、巷で密かに賑わいを見せている紙袋。
昔から、その利便性から生活に根付いている生活雑貨品の1つです。
そんな中、紙袋にオリジナル性を出すために、自作をしようと考える人も多いです。
(中には、某フリマアプリで販売をして稼ぐという人も居るぐらいです)
となれば「どうやって作るのか?」が気になってくるところ。
その作り方について触れていきます(実際に「どうやって作るのか?」というお話ではありません)。

手っ取り早く紙袋バックを作りたいのであれば、やはりオーダーをして業者に作ってもらうという方法になります。
つまり紙袋をオーダーメイドするということです。
多少お金が必要になってしまいますが、一番確実で一番手っ取り早いということは言うまでもありません。

しかし、中にはお金を掛けずに自作したいという人もいらっしゃることかと。
つまり、紙袋をオリジナルで作るということです。
こちらも作り方は簡単です。
昨今、インターネットで作り方を調べればいくらでも出てくるため、自分自身にあったものを探せばよいでしょう。
新聞紙で紙袋を作ることも可能なぐらいなため、非常に自由度は高く楽しむことができます。
(イギリスやアメリカなど英語圏の新聞紙を使った紙袋はオシャレっぽくなります)

紙袋のデザインについて

ストライプの紙袋紙袋を通販で購入できる時代になり、より紙袋が身近になった昨今。
オシャレな生活雑貨品を気軽に購入できるため、非常に面白いデザインの紙袋が増えてきています。
とはいえ、かゆいところに手が届かないということで、好みのデザインの紙袋が見つからない場合も。
そんなときはどうしたらよいのか?
紙袋のオーダーメイドも踏まえ、デザインについてのお話をしていきます。

紙袋にオリジナル感を出したいのであれば、やはり奇抜な紙を使って自作することが重要になります。
いきなり奇抜と言われても困ってしまうかもしれませんが…少々派手かなと感じるぐらいの紙をベースに作るとよいです。
作ってみるとよく分かりますが、奇抜で派手と思ったにも関わらず完成品を見ると「大人しいデザイン」と感じてしまうわけです。
ともあれ、紙袋のデザインをどうしたいか?によって大きく異なってきますが…少々派手目にいきたいのであればといったところです。

デザインは何も紙袋の模様だけではありません。
紙袋の形もデザインの1つなってきます。
つまり「形も様々できるため可能性が無限大」というわけです。
紙袋は色合いだったり、模様だったり、そして形だったり、色々と挑戦できる非常に奥が深い世界ということがデザインから知ることができます。

紙袋の利用方法について

緑の紙袋紙袋と言っても使い所は様々で色々な利用方法というものが存在します。
そこで、今回は、この利用方法をテーマにお話を進めていきます。
「こんな使い方もあったのか?」と目からウロコになる可能性もあるため、ぜひご一読を。
ちなみに…紙袋には色々な用途があるため、利用方法を説明する場合「誰からの視点で話をするのか?」で大きく異なってきます。

ということは、まずは一般的な使い方から(一般人の利用方法)。
基本的には、様々な場面で活躍をしてくれる生活雑貨品です。
お弁当を入れてみたり、ちょっとしたプレゼント品を入れてみたりと、使用用途は様々。
そんな中「オシャレの一部として使う」という人が多くいらっしゃいます。
例えば、最近、家庭菜園が流行っています。
特に自宅でできる水耕栽培は人気を集めていますが…いかんせん見栄えが悪いときもあります。
そこで可愛いらしい紙袋に入れてあげてオシャレにするわけです。
こういった利用方法もあると目からウロコという人もいるかと。

業者視点であれば重要な広告となることも言うまでもありません。
最近では、有名店の紙袋が人気を集め、その紙袋を手に入れるために買い物へ行くという形ができていたりもします。
ともあれ、紙袋は兎にも角にも多くの用途があり活躍してくれるアイテムです。

紙袋のサイズについて

かわいい紙袋紙袋には、様々なサイズのものがあることは、既にご存知の通りです。
某モバイルショップでスマートフォンを入れてくれる小さな紙袋だったり、超高給ブランドの大きな紙袋だったり…。
兎にも角にもサイズは様々。
ということで、ここでは、この紙袋のサイズをテーマにお話を進めていきます。

まずは…言うまでもなく様々なサイズがあると理解して頂ければ結構です。
特に紙袋をオリジナルで作ってみたり、オーダーをすれば、好きなサイズにすることができるわけです。
しかし、業者に作成を依頼するときで、かつ大量発注を刷る場合は、少しだけ制限がでてきてしまいます。
例えば、某紙袋製作業者の場合、最大サイズは合計90cm(マチ+幅)となっており、最小サイズは16cm x 19cmです。
これは、この製作会社が導入している機械が、このサイズでしか作成ができないからです。
このように…結局は業者が導入している機械によって異なるということになります。
正直なところ、どこの業者も、最大・最小は似たり寄ったりのサイズになってしまうことは理解しておく必要があります。

もし、それでももっと大きなものを作りたい、もっと小さなものを作りたいと考えるのであれば自作するしかありません。

▲ ページトップへ